多頭飼いを行なう上で重要な“犬の上下関係”のポイント!

近年、ペットの多頭飼いをする人が増えてきています。犬を数匹一緒に飼っている家、犬と猫を同時に飼っている家など様々ですが今回注目していきたいのは犬の多頭飼いについてです。状況にもよりますが多頭飼いにも二種類あります。一パターン目はペットショップや施設などにいる犬を同時に飼うことで成り立つ多頭飼いです。このパターンの場合だと同時に家にやってくるので、最初のうちから上下関係がないことがほとんどです。そのため一方の犬が他方の犬を服従することもなく上下関係が生まれないことがほとんどです。しかし、もう一パターンの場合だと上下関係が生まれてしまいます。それは、すでに家で飼っている犬がいながらもペットショップで犬を買ったり、施設で犬を引き取ってくる場合です。すでに家で飼っている犬は家全体が自分の縄張りだと思って過ごしています。そのため急に他の犬が来てしまうと自分の縄張りが取られてしまうと思い警戒心を強くします。そのため最近犬を多頭飼いする人に増えている飼う前のお試し制度で飼いたいと思っている犬をお泊りという形で家に連れてくるということです。数日間、一緒に暮らすことで犬同士の性格を見ることができ、性格が合うようであったらこのまま安心して飼うことが出来ると判断することができ、逆に性格が合わないようだったらすでに家で飼っている犬やこれから飼う予定であった犬のためにも縁がなかったと思い諦めることも必要です。まずは、家で飼っている犬の気持ちを考えてその犬に合うような犬を選択し慣れさせることが多頭飼いをする上で一番大切なポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です