愛犬をお風呂嫌いにさせないためのシャンプー方法

犬の皮膚はデリケートなため、あまり頻繁にシャンプーをしてしまうと大事な皮脂まではがれてしまいます。愛犬のお風呂の頻度は月1回くらいで清潔な状態を保つことができます。多くても2週間に1回程度にとどめましょう。皮膚トラブルを抱えている犬は、原因がシャンプーのしすぎという場合もありますので注意が必要です。
おとなしくお風呂に入ってくれる犬であればいいのですが、お風呂に入れようとすると暴れたり、逃げ回ってしまうお風呂が大嫌いなワンちゃんもいます。飼い主さんは少しずつ、辛抱強く対処することが大切です。
ワンちゃんのお風呂嫌いにはいくつかの理由が考えられます。犬は自分の臭いを大切にしているので、シャンプーで臭いをかき消されてしまうのを嫌がります。足先が敏感なので足に水がかかるのを嫌がるワンちゃんもいます。また、洗われている間、ずっと身動きが取れないのを苦痛に感じている場合もあります。
お風呂嫌いの愛犬にお風呂を好きになってもらう特効薬はなかなかありません。少しずつステップアップしながらお風呂やシャンプーに慣れるようにしましょう。
最初は水を使わず、お風呂という環境に慣れるために、お風呂場で楽しく遊ぶだけということを繰り返してみましょう。その時、シャワーヘッドやシャンプーボトルの臭いを嗅がせるのも有効です。次にシャワーの音だけ聞かせて、その音に慣れさせましょう。お風呂場や水の音に慣れてきたら、次は大好きなおやつなどを与えながら足元に少しだけ水をかけてみましょう。
水に慣れてきたら、今度はシャワーの流し方は35~37度のぬるま湯にして、優しく声をかけながら少しずつ体に水をかけるようにしましょう。ここまでくればお風呂嫌いの克服ももうすぐです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です